メルマガ

年末最後のマダパナは、「ごっこ遊び」です。
1歳で、お母さんのまねっこが始まり、おままごとでは、包丁とまな板、お鍋と蓋、コップとジュース等など、物と物との関係がわかり始めます。

2歳になると、もっとまねっ子が広がり、お医者さんになったり、お店屋さんになったり…。
道具を使いながら、指先の巧緻性も高まります。
砂場で丸めてお団子に見立てたり、ブロックを車に見立てたり、見立ての時期です。

3、4歳では、ヒーロー者になり切り、想像の世界と現実の世界をシンクロさせながら、ことば遣いやルールを学んでいきます。

5、6歳では、子どもたちで遊びのルールを作ったり、役割分担したり‥。

年齢に伴い、「ごっこ遊び」も変わっていきます。
こんな話を、パーソナリティのみやっちゃんと掛け合いながら話しています。
放送は12月31日大晦日 午前11時30分
FM山口 マダパナ
ご視聴くださいね。


【メールでメルマガを受信された方へ】
このメルマガには、画像が追加されています。画像と合わせてご覧になる方は、文頭のタイトルをクリック(タップ)していただくと、サイト上のメルマガにジャンプし、画像付きで閲覧できます。
**********

今日も外部専門家として行きました。
3歳から18歳まで通って来られた今年26歳になるひろちゃんが益田養護学校に入学して繋がり、何と!20年間通い続けています。
年6回訪問した年もあります。
先生よりも、子どものことを知っているから、毎年引き継ぎ役にもなっています。

給食は自校給食で、栄養士、調理師の方が、その子のその日の体調に合わせ、形態を変えてくれています。
配慮食と共に次の段階の学習食を用意してくださいます。

個別の学習の時間は、先生方が手作りの教材で、子どもと対面で教えています。
自立をはきちがえて、いつも同じ課題を壁に向かってひとりでさせることはありません。
次の段階を教え導く指導者がいます。
できた課題をひとりでさせることはありますが、ちゃんと目的意識が明確です。

だから、学習のそもそも論を言わなくても、辛口であっても、先生方は聞く耳、生かそうとする姿勢を持っています。
だから、訪問時に成長を実感できるのです。
益田養護学校には20年間の積み重ねが生かされている素晴らしい学校です。



26年間の活動を認めていただきました!
ご推薦いただいたこともありがたく、そして、今日、村岡知事より賞状をいただいた瞬間は、頑張ってきて良かったとしみじみ感じました。


何より、継続できたのは、遠方からでも毎回通われている利用者様と連れて来られる保護者の方のおかげです。
センター受賞は、センター利用のみなさまへのご褒美であり、スタッフへのご褒美でもあります!


終了後、知事と直接話す機会がありました。
必要とされる施設が継続していくためには、県の理解と支援が必要であることを伝え、もうひとつ!娘の気持ち伝えようと……
頑張って国体出場権を得た選手に、何らかのお言葉が欲しいと。
ひとつひとつの話に耳を傾けてくださいました。
山口ケーブルテレビと防府日報の取材を受けました。


言語聴覚学科3年生の授業で、4週に渡り、3歳のダウン症のお子さん2名にご協力いただきました。

第1週目 アセスメントで、国リハ式言語発達検査を実施

  • 行動観察、保護者の方からの情報収集、検査中のビデオ分析から指導計画(訓練計画)立案
  • 次回指導のための指導案作成(詳細なシナリオ)
  • 次回指導のための教材作成

第2週目 初回指導

4人の学生がペアでひとりのお子さんとかかわり、セラピーを行う。
翌週月曜日までに、ビデオ分析、評価、次時の指導案作成と教材作成

第3週目

月曜日の授業で、チェックし、指導案に沿って、呈示位置、順序、ことばかけを、子どもがいると想定し、徹底的に練習する!
火曜日 2回目のセラピー実施
翌週月曜日までに、ビデオ分析、評価、次時の指導案、教材作成 

第4週目

月曜日にチェック、徹底的に指導の練習
火曜日 3回目のセラピー実施
その後、症例報告書作成

ぎゅっと!充実した約ひと月!
りさちゃんは、物の名前を理解できること(ことばの概念形成)が大きな目標でした。
4週間後、表情が豊かになり、ことばがたくさん出るようになりました!
むっちゃんの大きな目標は、物と物との関係がわかることでした。
4週間後、受話器を耳に当て、じょうろでお花にお水をかけるしぐさ、急須でコップに注ぐしぐさ、歯ブラシとコップの関係が理解できるようになりました。
型はめも複数からの見分け(パターン弁別・分類的弁別)ができるようになりました。

娘と同い年で、バドミントンジュニア時代から中学まで戦ってきたふたりが、何と!教え子になるなんて。
所属は違っても努力し続けた経緯を知っていたので、娘のような思いで教えたように思います。

でもでも、一番頑張ったのは、りさちゃんとむっちゃんです!
この3歳のおふたりの特別講師が、学生の意識を変え、感動を与えてくれました。
感謝の気持ちでいっぱいです。



FM山口マダパナの収録です。
今週金曜日11時30分からと来週金曜日11時30分に放送予定です。
今回は、パーソナリティのみやっちゃんのお悩み相談の回!

2歳7ヶ月!まさしくいやいや期のお嬢様の子育てに困っているみやっちゃんの悩みを聞いちゃいました!

「あっち行け!」と言われてへこむみやっちゃん!
語彙が豊かでない子どものことばを通訳してみると、いろいろな意味が想像できます。
たとえば、「ひとりでできるから、あっち行ってて」かもしれないし、「見ないでね」なのかもしれません。
子どものことばを真っ向に受けていませんか。
通訳してみましょうね。

などなど…。

是非、ご視聴くださいね。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜15:00)

電話番号:0835-25-8808