メルマガ

理事長の川間です。
私は大学を卒業後、小、中学校の教員となりましたが、多感な年齢の学生と向きあいながら、様々な経験から『本音でぶつかることと本音を知ることが教育の原点』であることを学びました。
その後、専門性を身につけるため大学院で学び、養護学校で勤務することになり、この時の経験が今の私の原点となりました。
平成8年から現在のセンターの全身でもあるつばき教育研究所分室に専念し、多くの子どもたちやそのご家族、指導者の方、未来の指導者である学生さんに出会ってきました。
最近、これまで関わってきた方々から、嬉しい報告をいただくことが多くなったと感じているところです。
しかも、今日は3つも嬉しい報告がありました。

嬉しかったこと・その1

 1歳になり、お母様が職場復帰になるのに、まだ、母乳しか受け付けず、食物を見せると拒否していたお子さんが、初めて固形物をかじりました!
相談を受けたのが、職場復帰の一週間前!お母様も保育園の先生も焦り気味でした。
固形物も歯磨きも嫌がるので、口腔内の過敏を疑いました。
そこで、まず食事の時間以外の時間での口腔内の脱感作。
・口唇にジャムやマヨネーズ、ケチャップ等味の付いたものをちょっと付ける。
・最近、リズムに合わせて真似っこができるようになったので、食事場面でお友だちの様子を見せる。
・相手がお口に運ぶのでなく、手を使う機会を増やし、自分の手を使いお口に運ぶように促す。
そして先週、保育園に伺うと、お口に付けられても拒否がなくなっていました。
そして、ついに今日!嬉しい動画が送られてきました。

嬉しかったこと・その2

  非常勤で行っている大学で数年前に教えた学生が、卒業後、市役所の福祉課に勤めながら大学院にいっていることを知りりました。
今日、大学院の先生と共に大学に来たところにバッタリ出会いました。
大学院の先生に、『座学では学べないことを教えてくださった川間先生』と紹介してくれました。
学生時代、陸上部で毎日ひとりでコツコツ走っていた彼。
息子と同じ年で同じ陸上部で維新公園での大会でも応援しました!
今、福祉課で「何でそんなこと知っているの?」と聞かれているようです。
彼は教えたことをちゃんと伝えてくれています。本当にうれしい再会でした。

嬉しかったこと・その3

 FMやまぐちの収録に行くと、パーソナリティーのはるさんがすかさず『川間さんのおかげ!』と駆け寄ってこられました。
先月、小学校1年生ののお子さんがランドセル背負って雨具を着るのが難しいという相談を受け、ランドセルに雨具を着せてから、ランドセル背負って袖を通すことをお伝えしたところ、すぐに実践されたようです。
うまくできるようになって良かったです!


今年、特別支援学校に採用になった、フレッシュマンコースの受講生より、質問がありましたので、皆様へもシェアします。

現在の状況

***>>
表出言語がなく(やや喃語あり)コミュニケーション手段の一つとして、身振りの獲得や、写真カード、絵カードでの要求表現、意思表現が出せるようになるを目標にしている児童がいます。
個別学習では、絵本や教師の動きをみて身振りを模倣したり、形や色の弁別課題や具体物のマッチング課題を通して見分ける力をつけ、具体物と絵カード、写真カードのマッチングにつなげられるようにと考え、指導を行なっています。
学校が再開し、1ヶ月程度、上記の学習を行なっており、繰り返しの学習の中で着々と力がついていっているのを感じています。(身振り表現もたくさん増えました!要求も少しできるように)
<<***

フィードバックについての質問

***>>
児童がよく見て見分けることができた時や、上手に模倣ができた時、頑張っている時などの声かけや称賛の言葉などを工夫して行い、褒めるということを意識して行なってはいますが、児童にとって、それが一番有効的なフィードバックにはなっていないような気がしています。
褒めるだけでは、集中力が続かず、あまり児童自身が達成感を得られてないのではないかと思いました。
例えば具体物のマッチング学習で、児童が同じものを同じ箱に入れなければならない意味づけみたいなものを感じられるようにするには、褒める以外にどういったフィードバックが必要でしょうか?
<<***

フレッシュマンへのアドバイス

***>>
まずは、フィードバックのことを考える前に、本人にとって達成感のある課題かどうかです。繰り返しのことばが気になります。
同じ教具を使っていても、ステップアップしているはずで、繰り返しの指導であっては、子どもにとって作業でしかありません。

学習は子どもにとっては思考力をそそるものでなければいけません。
呈示された課題を弁別する際に、何をどうすればよいかを考え、色、形等、何を基準に選択したらよいのかを判断しようとした表情が見られますか。
その時に、『それでいいよ、すごいね』とほめるのです。ほめるタイミングがズレると、正の強化子にはなりません。
まずは、行っている課題が簡単すぎないか、あるいは難しすぎて100%手伝っていないかです。

少し考えてできる課題を設定しながら、間違いそうになったら、さりげなく支援し、あたかも自分でできたように思わせるテクニックです。
ほめるは最大の強化子です。
まずは、実態と課題のズレ、そして、スモールステップでかかわっているかを見直してください。
<<***

メッセージに対するコメント

***>>
繰り返しの学習の中でも、見分けの個数を増やしたり距離を離したり、教材自体を変えて、教材間の違いが小さいものに取り組んでみたり、と行ってはいたのですが、児童にとってそれで達成感を得られているように感じない場合は、簡単すぎるのかもしれないなと思いました。
褒めることのタイミングがずれることで正の強化子にならないのですね。まだまだタイミング難しいです。
児童にとって、達成感を得られる、思考力を身につけられるような、少し頑張ればできる課題を考えてみます。
ありがとうございます!
<<***

フレッシュマンは、これまで概念的に学んだことを現場で実践し、子どもたちの成長を感じながら、時に壁にぶつかりながら、一生懸命取り組んでいる様子がうかがえます。
指導者も学びと実践を繰り返し、経験を積むことで指導もブラッシュアップしていきます。
今日うまくいかなかった指導を明日の指導のために、悩み改善することは向き合っている子どもたちの未来を創ります。
私たち指導者はそのような思いで取り組むべきだと、フレッシュマンの質問に答えながら感じました。


今回は恒例となっています当センター主催のセミナーのご案内です。

新型コロナウイルスの影響により、3月から5月まで全国の公立小・中・高校を中心に休校が続いていました。
登校日に教科書を配り、課題を与えている学校もあったようですが、決して家庭学習がスムーズに進まない子どもたちもすくなくありません。
最近では「コロナ世代」という言葉も飛び交い、教育不足が心配されています。このような形で教育格差が生じることはあってはならないことですが、あるべきはずの教育のための時間が失われていたことも事実です。

今後、指導者は時間的遅れを取り戻しながら、確実に理解へと導く効果的な指導をすることが求めれています。
何かができるようになるための基礎的な力を身につけ、ミクロなステップを積み重ねることで、子どもの「できた!わかった!」へ導けるものです。
そのような効果的な学習指導法を当センターのセミナーで実施しています。
日々、子どもたちに学習指導されている指導者向けのセミナーですので、『理論的に学び、それを実演する』といったすぐに活用できる内容であり、保護者の方はもちろん、教育指導者以外の方でも大いに活用できる内容となっています。

今回のテーマは「文字の学習・レディネスから読む、書く、構成する」です。
まず、文字・書字につながる力の講義、指導法を学び、文字の学習指導を学んでいきます。
詳細はホームページの夏季セミナーのご案内ページでご確認ください。
今回は会場参加とオンライン参加に2つの方式でご参加いただけるようになっています。
会場参加は3密を避けるため、定員はいつもより少なく設定していますのでお早めにお申込みください。

夏季セミナーの詳細/お申込みはこちらをご覧ください。


先日、『ザ!特別支援』 オンラインで語り合う会2回目を行いました。
今回は北海道、東京2名、石川、新潟、埼玉、兵庫、広島、山口から9名の参加でした。

山口県の特別支援学校は25日から再開ですが、他県は6月からの再開。
それも初日から昼食がある県、段階を設けながら分散登校から始める県と、取り組みは様々です。
それぞれ、開始するにあたっての配慮事項を共有した後に、グループセッションにて、今抱えている課題と解決法を話し合いました。

現場実習のこと、修学旅行のこと、就学相談のこと、極力対面で行わないように工夫しながら実施を考えている発達検査の方法、自宅で過ごす期間が長いため登校渋りを心配していること、身体に接触しないと伝わらない動作の研修のあり方等々。
リモートでは難しいが、この時期にやらなければならないことが山積みです。

2回目のグループセッションは、リモートの可能性についてです。
授業、相談、研修でどのように活用しているか、あるいはできることはなにか?
これも各県での取り組みの差はありながらも、完全に元に戻ることはないこれからの生活に向けて、対面とリモートの融合が必要となります。

それぞれが個人で受けている研修からの報告、各県のガイドラインの共有、東京都のガイドラインで公表してもよい資料をチャットで、その場でファイルを送っていただきダウンロードしました。

思いを語り合い、具体的な対策を伝えるだけでなく、相手の立場になって得策を提案しながら思いを共有しました。
最後は筑波大学の川間氏からのまとめと全員で『頑張ろうエイエイオー‼️』のかけ声で終了です。
来週からのエネルギーになり、今回もまだ夜は冷える北海道の先生が暑くなる程の話し合いになりました。

子どもたちのために何ができるのか
授業にしても保護者の方の相談にしても、新人教員のための研修にしても、提供する側の一方的な思いでなく、まずは相手が何を望んでいるのか、そこを考えることで、思わぬ発想が浮かんできます。

次回は、学校が再開してひと月後、見えてくる課題について話し合いたいと思います。また報告いたします。


昔読んだ山本直栄先生の書籍に感銘を受けました。抜粋の部分もありますが、私なりの性教育です。
性教育をいつから教えるの?と良く相談されますが、すでに小さい頃から始まっています。

まず、物を大切にすること、人を大切にすること。
そして、自分を大切にすることです。
自分のからだは自分の大切なもの。
人のからだは人の大切なもの。
自他の区別も必要です。
自分の大切な物を貸すときには、相手の要求に応えるときであり、相手の物を借りるときは、相手の同意を得たときです。
からだも同じ。
相手の大切なからだに触れるときは、相手の同意が必要です。
だから、小さい頃から、物も人も大切に思う心を育てたいものです。

小さい子どもが性器いじりをするとの相談があります。
これは、心の杖なのかもしれません。
また、性器に触ることを汚いと制止し続けると、トイレで触れなくなったり、自分の性器を入浴時に洗うことができずに感染症になることもあります。
「いつ、どこならば」のTPOを伝えることが大切だと思っています。
自分のからだは自分のものですから…。

思春期に女の子はナプキンを使うようになります。
ナプキンの袋を破ったりする時に指先を使います。
指先を使う機会はたくさんあります。
人に頼りたくない場所で一人で対応できる力を付けるためにも、小さい頃から、指先を使う学習は大切です。

プライベートゾーンということばがあります。
水着で隠された場所です。
ここは大切な場所であり、男性性、女性性も表します。
男性らしさ、女性らしさは小さい頃から服装で身に付いているかもしれません。

このように、性教育は、思春期になって慌てて考えることではないと思います。

家にいてできること、パジャマで1日過ごすのでなく、メリハリのある生活の中で、家庭でできることを考えてみてください。

先日、3人の小学生のお子さんを持つお母様から、家事をやったら、1pay渡すシステムをうかがいました。
「10円が今やpayかあ~~」と、微笑ましかったです。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜15:00)

電話番号:0835-25-8808