メルマガ

12月11日に開催しました当センター監修のオンラインでの『学習ナビゼミ 摂食指導』のプレゼンを動画にしました!

教育界に摂食指導を導入させたのは、昭和大学歯学部で金子先生に学ばれた酒井利夫です。
以前、先生主催の摂食臨床研究会に所属し、当センターの子どもたちも8年に渡り、ご指導いただきました。
言語聴覚士として、現在センターでは、重度重複のお子さん、ダウン症の0歳のあかちゃんの離乳期から自食期までの指導を行っています。

ナビゼミを行う前に先生とお話し、基本的には考え方と技術は30年前と変わっていないとのことなので、学んできて、現在も学生に伝えてきているすべてを、現場に伝えたい思いで開催しました。
もちろん、演習型、体験型です。
伝えたい思いで、プレゼンを動画にしました。

【内容】

1.教育課程上の給食の位置付け(川間健之介)
2.摂食機能障がいについて
3.摂食指導の概要
4.摂食機能の発達段階と発達に即した食物形態
5.ポジショニングとオーラルコントロール
 ポジショニングに関わる原始反射(川間健之介)
 ポジショニングとオーラルコントロール(動画にて説明)
6.食物形態の考え方
7.偏食について
 好き嫌いなのか  感覚過敏なのか
 認知発達との関連
 触覚過敏を取るための脱感作法

見直すと、まだ入れなければならないことも出てきましたが、取り敢えず、子どもの食事に関わるすべての先生方、支援者、保護者の方に知ってもらいたいことをまとめました。
プレゼンの資料が摂食臨床研究会のメンバーで作ったものもあるため、フリーでの配信、単体での販売はせず、定額制で視聴できる動画のひとつとして配信します。


現在、指導者のための学習ナビゼミはすべてオンラインで実施しています。
今回の学習ナビゼミは12月から3月まで単発で受講できる講座となっており、初回は摂食指導を実施しました。

大学や専門学校での障害者心理、障害児保育、運動障がい教育、病弱児教育、言語聴覚士での授業や山口、防府、下関の子ども発達支援関係機関での保護者向け研修では講演はしてきたものの、久々に教職員の方に向けてのお話しができました。
保護者の方を含め20名の方にご参加いただきました。

対面での演習ではない形で支援方法を伝えることができるのか?
今年4月からの学習ナビゼミをオンラインで演習中心に行ってきており、体制も整い何でもできる感覚になってきています。

今回は参加者の方に事前に食材を用意してもらい、発達段階に応じた食物形態を体験してもらいました。
これは、対面でもそれぞれが食べるのでできます。
ビデオ視聴後、口に運ぶタイミング、ポジショニング、一口量、水分・固形物を食べてもらうためのオーラルコントロールの仕方など、オンラインでこれを画面でどう伝えるかが問題です。

それがまあまあうまくいったのです!もちろん、対面に越したことはありませんが、ポジショニングは実際の介助法を見せながら、画面向こうでは枕や人形で行ってもらいました。
オーラルコントロールも同様です。

一口量の多さは、ビスケット丸々一枚を口に頬張ってもらい、舌が動きにくく丸呑みになることを伝えました。

運ぶタイミングの体験は、ビスケット1/4を3つ用意してもらい、こちらで勝手に10秒設定し、時間になったら、口に残っていても入れてもらう。
一口目は何とか食べられても、二口目、三口目は、唾液が少なくなり、食塊を作るのに時間がかかります。
同じスピードではないことを伝えます。
固形、水分では飲み込む時間は異なります。

学習セミナーも、その場での指導助言も、摂食指導セミナーもオンラインで可能です!
これからの校内研修の形は変わると思うこの頃です。

◎学習ナビゼミ セレクトコースにぜひ、ご参加ください。詳細はこちらへ


12月5日11時30分からFMやまぐちで放送のマダパナの収録でした。
今年最後のお題は、『衣服の着脱』。
日頃何気なく脱ぎ着しているのを、あらためて、子どもの発達段階に沿って分析すると、子どもが習得していく過程をすごいなぁと感じます。

一部ご紹介します。
1歳半頃、垂直報告に輪抜きができるようになり、身体の内側に向けて、引く方向にできるようになります。
単発的動きだったのが、方向を伴う動きができるようになります。
着脱は、方向の切り替えを伴う活動のため、発達の段階に沿って、できるところから行っていきます。
まずは、上に引き上げ脱ぐこと。
活動が見える靴下で、つま先まで脱いだところから引っ張って脱ぐことから。
すべてにおいて、ゴールに近いところからひとりで行うようにします。

順番

ボタンは、上から順番に行うのでなく、3つフォールがあるとしたら、上と下をはめておき、固定し、真ん中から行います。
1.上と下を固定し、子どもが行うのは真ん中だけ。
2.上と真ん中を固定し、一番下だけ行う。
3.真ん中と下を固定し、上だけ行う。
4.上から順番にはめる。(上だけはめておき、真ん中、下の順番で行ってから、全部はずす)

ポイント

ボタンホールが大きいものを用意します。
ボタンを穴に入れるのではなく、穴に親指と人差し指を入れてボタンを迎えにいくようにします。
ボタンホールの切り込みが、縦だったり横だったりするので、手首を動かしてボタンの向きを調整しながら穴に入れるのは難しいのです。

これから着るコートやジャンパーの着方

首の部分を一緒に持ちながら、片手を入れます。
次にもう片手を袖の高さに挙げながら入れるのは大変なことです。
ではどうするか。
身体を入れる側に傾けると、袖もダラリと下がるので入れやすくなります。

宮城武久先生の教えも参考にしながら、子どもの発達と絡めて行動を見ていると、子どもって毎日が新しいことを学んでいるんだなぁと感じてしまいます


9月開講3ヶ月コースのオンラインによる学習ナビゼミ・お金の学習アドバンスコースの最終日を迎えました。
最終日は、持っているお金で買えるかどうかの判断ができるための学習、おつりの理解、様々な金種を組み合わせて必要額を出す学習の指導法をお伝えしました。
あらかじめ送っておいた紙のキッドで、その場で教材を作り、動画を見ながら演習を行いました。

体験型演習型オンラインセミナーは、4月から実施し、9月からは、その場で教材を作ることを加え、このスタイルも定着してきました。

昨日の最後の参加者の方からの感想に、心打たれました。
買い物学習で、レジに品物を持って行ったのに『買いません』と言ったお子さん。
なんで?
それは、自動販売機でジュースを買うためのお金を取っておきたかったからだったとのこと。
…その判断はすごい!!

まさに今、お金の学習を行っており、金種弁別ができるようになったということです。
このセミナーを通し、一貫していたことは、未学習の段階で子どもに間違わせない考えと指導法

授業参観で、等価の教材を使って教えていた様子を見ていた保護者の方からお礼を言われたと言われた先生
「教材を作ってもらい私が褒められるのは恐縮します…。
教材の虜になっています!虹とおひさまの教材を全部欲しい!」

これまでの『学習ナビゼミオンラインセミナー』は学習ナビゼミ定額制コースで動画配信しています。
そして、教材の作り方動画と型紙は、センターホームページの『紙わざシリーズ』のコーナーからダウンロードできます。
是非、ご活用ください。

ご案内

12月から来年の3月までは、月1回、関心のある内容だけ受講できるセレクトセミナーを実施し、4月から3ヶ月は、時計の学習を講義+教材作成+演習形式で行います。
詳細/お申込みは「学習ナビゼミ・セレクト編」でご確認ください。


一昨日のファミリーサポートでの講演に引き続き、昨日は下関市子ども発達センターで研修です。
保護者研修+摂食指導+職員研修

午前中研修を受けたお母さんの見守る中での摂食指導。
3歳のお子さんふたり。
『もしかして箸が使えるのでは?』と箸ぞうくんを持たせると、みるみる使えるようになり、お母さんもビックリです。
もうひとりのお子さんは、スプーンをすぐ放してしまうとの相談に、握り方を回外持ちにして、スプーンの中の食物を見るようにしたら、口に運んだ後も握り続け、差し出した器に戻すことまでできるようになりました。
見守るお母さんは、感動で涙目…。

そういえば、20年前も今日のような感動を覚えたことがあります。
りょうちゃんとの出会いは、摂食指導。
かなり強い身体の緊張があり、うつ伏せでないと食べさせられないとお母さんは悩まれていました。
りょうちゃん小1の時。この日、動作で身体を弛め、抱っこで食べられるようになりました。
そして、子ども発達センターの後、今年もりょうちゃんに会いに行きました。
送迎車から降りる時に、名前を呼ぶと満面の笑顔です。
しばらく会っていなくても覚えていてくれました!
りょうちゃんの笑顔に心満たされました。

たくさんの感動を子どもたちから与えてもらえるためには、発達段階、障がいの特性等を踏まえ、子どものちょっとした行動を見逃さない目を持つこと、そして適切なかかわりができる技術を持つことです。
たくさんの感動で仕事が楽しくなる教員が、今よりも増えるよう、今日も伝えよう(^-^)/


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜15:00)

電話番号:0835-25-8808