メルマガ

エフエム山口マダパナでの収録のテーマ「投稿しぶり」


とっても難しいテーマで、こうしたらよいとは伝えられません。
子どもの置かれている環境、かかわる人、特性、年齢により原因が異なるからです。
特に新学期、長期休暇後が多いと感じます。
安心安定した家から、試合に臨むような緊張感を持ちながら園や学校に飛び込んでいきます。

緊張感の原因は、何が起こるかわからない不安とうまくやっていけるかどうか自信がないことだったり…。
それは接する先生や友だちにも同様の不安を感じながら。
うちの子もあったので、登校を付き添いながら、その日の予定を具体的にイメージできるように伝え、不安のはじめの一歩を乗り越えたこともあります。

次に、4月スタートダッシュは順調でも途中で息切れを起こし休みたいと申し出たり、身体の変調を伝えたり…。
これはエネルギー切れ。
エネルギーチャージが必要。
うちは肯定的なお疲れ休みを取ったこともあります。
罪悪感を感じさせないように、一緒に楽しいことをしながらチャージすると、翌日に自分から行くと言いました。
休むことは悪いことではないけど、何となくしっくりしない気持ちを育ててきたように思います。

皆勤賞も素晴らしいことだと思います。
でも、絶対休んではいけない、休むことは悪いことと教え込んでは、大人になって身体や心が辛く苦しくても休めず、休みたいと思う自分を追い込んでしまうかもしれません。
大事なことは、ON-OFFが調整できることだと思っています。
大人は、身体の疲れや心の疲れを、仕事量や時間で調整できますが、子どもは調整できません。
だから身体の不調で訴えるのだと思います。

少々辛くても、疲れていても跳ね退けられる心と身体の体力(エネルギー)は、日頃の積み重ねです。
少々のことで休ませるのでなく『大丈夫!』と背中を押し続けてきました。
活躍の場をできるだけたくさん作り、過程を応援し、結果がどうあれ認めると、結果だけでなく、頑張ってきた自分を認めるようになります。
少々のことを跳ね返すエネルギーを溜める器が大きくなります。

ONが続き、チャージが必要となった時の最大のエネルギーチャージはほめること。
自分を肯定的に見て、自信が持てるようになると、前に進もうとします。

今回のFM山口マダバナの収録でこんなことを話しました。
でも、最初に言ったように、一人ひとり原因は異なります。
共感できるところだけをチョイスしていただけたらと思います。


娘が大きく見えた1時間半!
大学3年にもなったというのに、生活力ゼロに等しい!
時間のやりくりが下手!
ワーキングメモリーが弱い!
常に心配が付きまとう娘です。

エアーライフル60発成人女子で国体山口県代表になり、今日、中国地区5県から3人の国体代表を決める中国ブロックがありました!

今日の娘はどことなく違う!
丁寧に慎重に、そして、必要以上に構えに時間がかかったら、すぐ銃を置く!
途中、汗が付いた銃を拭く!

私は頬付けから撃つまでの時間を計りながら見守りました。
みごと12秒から14秒で、10m前の標的の真ん中を撃ち抜いていました!
本人いわく、撃ち込む感覚でなく、今日は丁寧に引き金を引き、刺さった感じだった。

1年前の8月、やりたいことをやりながら、自分のペースで射撃を続けると言い放ち、いきなり、部活を辞めました。
親としては、何が起こったのか答えが見つからない毎日でしたが、大学から借りていた銃を返し、程なく競技用ライフのSB(スモールボアライフル)の銃の所持許可申請をし、自分の銃を手に入れました。
学生団体アイセックの大学代表に立候補し、代表の座を射止め、連日夜遅くまでオンラインの生活が続いています。
それでも、国体県予選に出てくれたので、ホッとしつつ県代表へ。

今日、中国ブロックでは、このところの練習で出したこともない高得点で、中国ブロック優勝です!
嬉しかった!続けて良かった!
娘が、ライフルは楽しいと言った一言がまた嬉しかったです!


山口県立大学社会福祉学部2年生8名受講の、3日間90分15コマの授業が終わりました。
一日目の最初に、『特別支援教育に携わる教員の専門性とは何か』を聞き、最終日に再度同じ質問をしました。
学びが反映されたのか、レポートの文章の量が3倍になり、内容も具体的で、本人だけでなく、家族支援も加わっていました。

最終日、教員になりたての頃に担当させていただいた進行性疾患のお子さんを、最期までご家族がずっと笑顔で寄り添っていたビデオを見せて、『あなたたちが関わる数年は人生のほんの一部であり、それまでの家族の歴史がある。人生の一部分に関わらせていただけることに感謝するように』と伝えると、画面の向こうで泣き出した学生もいました。

その気持ちを忘れないでいて欲しい。
教育、福祉、どこに就職するかわからないが、仕事を作業的に行う人にはなって欲しくない!いつまでも心あるサポーターでいて欲しい…伝わったかな。



【メールでメルマガが受信された方へ】
このメルマガには、画像が追加されています。画像と合わせてご覧になる方は、文頭のタイトルをクリック(タップ)していただくと、サイト上のメルマガにジャンプし、画像付きで閲覧できます。
**********

2021年7月23日・24日の2日間で開催するセミナーまであと10日です。
現在、スタッフ一同、最終準備中です。
リアル会場、個人オンライン、サテライト会場でのハイブリッド型セミナー第3弾です。
全国各地からご参加の50名を繋ぎます!!
本会場は例年同様ルルサス防府、そして今回は福井県立福井特別支援学校会場、下関地域福祉事業所 きしゃぽっぽ会場の2会場はチームでご参加いただきます。

過去2回のオンラインセミナーでも実証済みですが、オンラインでの演習型セミナーは実現でき、受講生の皆さんの学びにつながっていることは嬉しい限りです!!
リアル会場と同様のセミナー実施のためには、やはり綿密な打ち合わせは必須となり、スタッフも当日に向けて熱心に取り組んでいます。

今回のセミナーのテーマは『自立を促す関わり方』

自立活動の指導に自信が持てる指導者になれる!

*学校で子どもに行っている『自立活動』を、保護者へきちんと説明できる自信
*意思表示手段獲得に向けてのプロセスを、保護者へきちんと説明できる自信
*担当している重度・重複障がいの子どもの身体の状態を把握し、きちんとポジショニングできる自信
*自立活動に位置付く食事の指導を、子どもの食べる機能の発達段階を把握し、目標設定し指導のもと、きちんと評価できる自信

特別支援に関わる教員であれば、当然身に付けて置かなければならない知識・技能であると考えます‼️
ご参加いただく皆さんには、受講後、「自立活動指導に自身の持てる指導者」として子どもたちと向き合っていただけるようなセミナーを実施いたします。



【メールでメルマガが受信された方へ】
このメルマガには、画像が追加されています。画像と合わせてご覧になる方は、文頭のタイトルをクリック(タップ)していただくと、サイト上のメルマガにジャンプし、画像付きで閲覧できます。
**********

今回の課題

三角形と四角形の定義を覚え、かつ、交わってできる形の名前と、なぜその形になるのかを文章で答えなければならない課題に取り組みました。
まさしく、思考力・判断力・表現力です。

その前に…

まずは、定義を覚えるところからです。
辺の数・向かい合う辺が平行か否か、
またはその数・辺の長さが同じか否か、
角が直角か否か、
対角線の長さが同じか否か、


これを組み合わせて覚えるためには、かなり整理して教えなければいけません。
う~~ん…


【問題】正方形について考えてみましょう!

4本の直線で囲まれている図形で
向かい合う辺が平行な四角形で
すべての角が直角の四角形です!


取り敢えず、カードを作り、形を切り抜いてラミネートをかけて、重なる形がわかりやすいようにしてみました。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜15:00)

電話番号:0835-25-8808