実際の時計と同じ時計型教材で、段階的に指導します。



◎以下の手順を各ステップで行い、子どもの学習習得率を上げていきます。


  1. 先生が針を動かしながら、見本を示す
  2. 先生が針を動かしながら、先生が1拍早く言い、子どもが続いて読む
  3. 先生が針を動かしながら、先生は子供よりも後に添えるように読む
  4. 先生が針を動かしながら、子どもが一人で読む
  5. 子供が針を動かしなら、一人で読む

1.まずは短針だけで時間を読む


短針は12時からスタートします

短針を動かしながら読む

短針を動かしながら1時間ごとに読む


2.短針と長針の両方を使って30分ずつ読む


1時→1時半→2時→2時半→3時→3時半…と、30分ごとに針を動かして読む。


1時からスタートします

30分後の1時30分に動かして読む


3.長針で10分を読む


子どもは1分ずつ読み、先生は10分毎にピンでポイントして、「〇分です。」と読みあげる。


ここからスタートです

10分を読み上げてピンを立てる

20分を読み上げてピンを立てる


はじめての時計学習法Part1(ダイジェスト版)



4.プリントで書きながら復習


10分ごとに書くように指導する。


5.長針で5分を読む


【長針で10分を読む】と同様の方法で、子どもは1分ずつ読み、先生は5分毎にポイントして、「〇分です。」と読みあげる。


6.プリントで書きながら復習


5分ごとに書くように指導する。


7.間の時間を読む


長針が進むと短針の位置が変わっても同じ時刻であることを学習します。
短針、長針がさしているところを読めるようになるために、時間の帯を使い、視覚的に時間を量として伝えます。



シェアする