当センターは、つばき教育研究所山口分室として立ち上がりました。よって、つばき教育研究所の理論と指導法をベースに、宇佐川浩先生の自我発達理論を組み合わせ、23年間の中でセンター独自の指導法を編み出しました。


つばき教育研究所の理論と指導法とは?


つばき教育研究所は、科学的な学習理論と、考える力を育てるためのスモールステップに基づく系統的な指導方法を目指しています。
障害がある一人一人の子どもの実態に応じて適切な働きかけをして、「考える力」を育てます。
当研究所では、障害がある子どもの発達に合わせて、系統的な個別学習を行っています。課題に応じた教材を創意工夫しています。
(http://www.geocities.jp/soka_tsubaki/ 閲覧日:2018/7/25)

宇佐川浩先生の自我発達理論とは?


準備中です。

子どもの視点で結果のだせるスモールステップ指導


細かな指導ステップと子どもの視点に立ったことばかけや呈示位置・順序等を通し、『子どもの見方=子どもの味方』をモットーとしています。子どもの小さな変化に気付ける目を持てる人が子どものサポーターになれる。

スモールステップ指導例

  1. まず、指導者がやってみる
  2. 指導者が子どもより一拍早く
  3. 指導者が子どもより半拍早く
  4. 指導者と子どもが同時
  5. 子どもより指導者が半拍遅く
  6. 子どもより指導者が一拍遅く
  7. 子ども一人だけでやってみる

見守る人たちも育てる指導


保護者の方には指導場面に同席していただき、小さな“できた”に気付く目を持ってもらうことと指導者と一緒にほめること、子どもの反応から発達段階を伝えることを大切にしています。小さな変化の積み重ねが大きな“できた”につながります。


子ども一人ひとりに適した教材、業具を使う指導


センター発足以来、子どもの数だけ指導があるとともに、教材、教具の活用方法も様々です。当初から、完璧な教材、教具を利用できていたわけではなく、指導しながら、その場でカスタマイズしたり、日々の指導からその場で工夫する必要がありました。
よって、当センターで利用している教材、教具は長い経験から改良を繰り返し、現在では指導を受ける子どもに最適な指導ができるように工夫された教材、教具です。

センター発足当時の時間の学習に使っていた川間制作の時計



試作を繰り返し、重田木型さんによって【木工教具】に作り替えられた現在の時計教具


最初にできた木製時計

完成版の時計


子どもの困りごとを最優先に考えられた指導



教材・教具、プリントを差し出し、「さあやってごらん」では子どもは何をどうしたらよいかわからず間違えさせてしまいます。
教材・教具、プリントを教えるのではなく、教材・教具、プリントを使い、子どもの困っていることを解決することが学習指導です。
そのために、短時間でわかる学習法、指導が必要であり、そこに効果的な教具が加わることで「ハッ!」と子どもはうれしそうな笑顔を見せます。

指導で気を付けるべきこと!


教え込んで子どもがわかったつもりで学習を進めてはいませんか?
子どもの「ハッ!」とした表情を今日の学習場面で何回見ることができましたか?
「ハッ!」と驚く表情やうれしそうな表情を見たいがために、私たちも教材開発を日々積み重ねているのだと思います。
当センター発足以来、出会った子どもたちとの間で生まれた教材・教具と指導を多くの指導者や保護者の皆様へご紹介いたします。
ぜひ、今日からの指導に活かしていただけることを願っています。


ご希望の教具・教材制作致します

  • 指導用教具がない
  • 製品化された教具ではすべての子どもに対応できない
  • 教具を作りたいけど、制作する時間がない
  • 現在使っている教具は子どもの理解度を上げられていない

…など、指導者の方は日々、指導用教具や教材に悩まされているのではないでしょうか?
そのような方はぜひ、当センターにご相談ください。
発足以来、試行錯誤を繰り返し、子ども一人一人に最適な教具作りに注力し、子どもの「わかった!」が一つでも多く聞けるように教材開発に取り組んでいます。


シェアする