セミナー

2019年7月夏季セミナー開催要項

テーマ:一年生のつまずきが算数嫌いになる!?

目的
【発達臨床研修事業】
特別な教育的ニーズを有する子どもたちに、個々の能力に応じた学習を行うため指導法を学ぶ(研修会)
内容
講義と演習を通して、たし算・ひき算・くり上がり・くり下がり・文章題までの指導方法を学ぶ
開催日
1日目:2019年7月14日(日)10:00~16:30
2日目:2019年7月15日(月・祝)10:00~16:00
受 付
9:30~(両日とも)
場所
防府市地域協同支援センター「ルルサス防府」2F 多目的ホール
〒747-0035 山口県防府市栄町1丁目5-1
TEL.0835-24-7722
講師 川間 健之介氏
筑波大学 人間系教授
臨床発達心理士
心理リハビリテーション スーパーバイザー
講師 川間 弘子
やまぐち発達臨床支援センター 理事長
言語聴覚士
学校心理士
心理リハビリテーション スーパーバイザー
参加費
11,000円(消費税、教材・教具費を含む)
募集人数
50名
申込締切
2019年7月6日(土)
託児
一人一日 500円(保険代含む)
お申し込み方法
当サイト内のセミナーお申し込みフォームより受付

テーマ

  • 数のはじめの一歩
  • 数の認識から 数える たし算 ひき算のはじめまで

このような方へおすすめしています

  • 幼児~小学校低学年の支援学校・学級の指導担当者様、保護者様
  • 数字が読めない、数えられない、量がわからない、数字の順番がわからないなど数の学習に困っている

学習内容

  • 「おなじ」を知る
  • 見比べる力
  • 具体物での学習(教具使用)
  • 数量の認識
  • 数の三項関係
  • 数の合成分解

受講特典

その1.受講セミナーを動画で復習できる!

学んだことを確実にフィードバックできるように、セミナーの様子を録画した動画のQRコードを、受講後当センターよりメールにてお送りします。
一度聞いただけでは定着しづらいスモールステップの指導法や聞き漏らしてしまった学習のおさらいができます。
指導法の確実な習得にご活用ください。

その2.指導で使える教材をお得に購入できる!

木製ピースを指で一つずつ動かしながら、数える学習ができる「スライディングカウンター」呈示板と木製ピース10個セットになっていますが、こちらを「虹とおひさま」の通常価格よりお得な価格でご提供します。

日時

  • 平成31年3月21日(木)春分の日
  • 9時30分~16時 (9時受付)

講師

川間 健之介先生

  • 筑波大学人間系 教授
  • 心理リハビリテーション スーパーバイザー
  • 臨床発達心理士

川間 弘子 理事長

  • 言語聴覚士
  • 学校心理士
  • 心理リハビリテーション スーパーバイザー

会場

防府市地域協働支援センター「ルルサス防府」多目的ホール(2F)
〒747-0035
山口県防府市栄町1丁目5-1
ルルサス防府/Tel.0835-24-7722
有料駐車場完備
会場までの交通アクセスはこちらをご覧ください

参加費

1名様につき 8,240円(消費税・教材費込み)

お申込みと参加費の振込みについて

  1. 「セミナー参加申し込みフォーム」にアクセスし、必要事項入力をしてください。
  2. お申込み内容を確認後、返信メールを送信致します。お申込み後、一週間以内に連絡がない場合はお問合せください。(お申込みが完了していない場合がございます。)
  3. センターより参加者証を郵送させていただきます。
  4. 指定の期日までに参加費をお振込みください。

セミナーお申込みフォーム以外からのお申込みについて

お申込みはサイトからとしておりますが、サイトからのお申込みができない場合は、メール、ファックス、お電話にてお問合せください。

■メールアドレス:info@yhattatsu.or.jp
■TEL/FAX:0835-25-8808
■お電話での受付時間
・月曜日~金曜日 10時から18時
・土曜日 17時まで
・日曜・祝日:お休み

※お電話でのお申込みの場合、センター職員の不在あるいは指導中で対応できない場合があります。
そのような場合は、留守番電話にお電話番号、お名前、ご用件をお入れください。折り返しお電話させていただきます。


テーマ

  • 聞くことと話すこととは何か。どんな力が必要なのかを幼児期から考える。
  • 1~6年生の学習内容からその時期のつまずきの原因を考える。

演習

「拗音・促音学習セット(簡易版)」を使用して、拗音・促音の学習指導演習を行います。

日時

  • 平成30年7月15日(日)・16日(月・祝)
  • 10:00~16:00(9:30受付)

会場

  • 防府市地域協働支援センター「ルルサス防府」多目的ホール2F
  • 防府市栄町1丁目5-1
  • TEL.0835-24-7722
  • 駐車場:有料駐車場完備

講師

  • 川間健之介氏(筑波大学人間系 教授)
  • 川間弘子(やまぐち発達臨床支援センター理事長)

参加費

6,000円(税込)
※1日のみの参加でも参加費は一律とさせていただきます。
※1名様につき6,000円とさせていただきます。

参加特典

セミナーにご参加いただく方限定で、演習で使用する「拗音・促音学習セット(簡易版)」をお持ち帰りいただけます。
◎虹とおひさまの指導用教材をお得な価格で販売しています。

定員

先着50名様

お申込み方法

当センターホームページのセミナー申し込みフォームからお申込み受付いたします。
お申込み確認メール送信後、参加証を送付させていただきますので、期日内に参加費のお振込みをお願いします。
お申込み後、一週間以内に当センターより連絡がない場合は、お手数ですがお問合せください。

託児のお申込みについて

  • セミナーお申込みフォームに託児希望、託児期間、お子様のお名前と年齢など入力いただきますようお願い致します。
  • 託児料として1日500円(保険代その他)をいただきます。
  • お申込み後、お子様の様子についてメールもしくはお電話にてお伺いいたします。

お食事会のご案内

講師の先生やセンター職員と日頃の悩みや取り組みについて語り合いませんか?
■日時
平成30年7月15日(日)18:00~20:00ごろ
■会費
5,000円程度(会費は当日徴収致します)
■場所
未定(セミナー会場近く)参加人数により決定いたしますので、詳細は後日お知らせとなります。

参加のご感想

◎当センターにご理解いただき、掲載の許可をいただきました参加者の皆様の感想を掲載させていただいております。

  • 毎回具体的で詳しい説明でとても役立ちます。モチベーションも上がります。
  • 多くの指導の手がかりをいただけました。試してみたいことがたくさんあり、楽しみです。( U様)
  • 教える事の難しさ、それだけ子どもが困っているんだという事を感じた。
  • 内容が充実していて、さらに同じグループの方からも学ばせて頂けたので、よかった。グループワークでも様々な見方、考え方を知ることができた。(所属:小学校 伊藤淳美様)
  • 大変勉強になりました。段階作りの考え方、スモールステップ、失敗させない指導方法。大変も面白かったです。参加型で頭に残ります。ビデオもたくさんあり良かったです。(所属:こども支援センター 櫻井理恵様)
  • 今回も新しい知識や考え方を教えて頂きました。参加を重ねるごとに体にしみつく面もあります。(所属:小学校 齋藤俊二様)
  • 拗音・促音の指導教材が講座についていたのでは、びっくりとした半面とてもありがたかったです。いつも思いますが、細やかなステップに分けてのお姿には勉強になります。メモの取り方、通常学級にいる子どもにも必要だと思います。通級でも取り入れてみようと思います。
  • 改めて、1つのことを学ぶのにスモールステップで丁寧に学習を積んでいくことの大切さを実感しました。このあたり(生徒が分かっていそうなので・・・)はぶいてやってしまおうかと学習でやってしまう場面があり、大いに反省です。(所属:養護学校 高橋千鶴子様)
  • 専門性が高く、かつ具体性に富んだ様々な指導方法やコツを多く学ぶことができた。学校における普段の教育活動に自分なりに活かしていきたいと思う。(所属:支援学校 上野将太郎様)
  • メモの取り方の学習は高等部の生徒たちが就労にむけて必須なものだと思いました。今回、副担任の先生と一緒に参加できたので、二人で協力してクラスでまず実践してみたいと思います。(所属:支援学校 岡田安恵様)
  • 指導のヒント、指導の原則が分かった。早速、明日から出来そうなことをやってみたい。
  • まだ息子は今回のセミナーで勉強したことを活かす前の段階ですが、色々と目かウロコの2日間でした。(N様)
  • 指導の前のポインティング、提示の仕方等の子ども目線の内容がよくわかり、これからの指導の場に活かせます。(所属:支援学校 中田直宏様)

山口特別支援教育 臨床研究会(通称:臨床研)についてお知らせです。
今年度第2回目の研修会が近づいてまいりました。

日 時
10月21日(土)9:30~
会 場
当センター1F
参加費
400円

臨床研は、特別支援教育に関心、興味のある方なら職種を問わず、どなたでも参加できる会です。
様々な立場の方々と一緒に研修会を行っています。特に入会の手続き等は必要ありません。参加された方皆さんが会員です。

今年度のテーマ:「子どもを見よう」(ビデオ分析)
 指導は、実態把握から始まります。今年度は、ビデオ分析の研修によって実態把握の仕方を学び、実態把握からの指導の計画、そして教材づくり、教材を使って指導し、ビデオ分析で指導を振り返るという一連の流れで研修を進めて行こうと考えています。

今年度の活動計画(一部変更になる場合があります)

月17日(土)
2人の子どものビデオ分析
見方や視点のもち方の研修と課題抽出をします
月21日(土)
教材検討
6月の研修から活用できる教材を持ち寄り、指導、関わり方、教材について検討します
月16日(土)
教材づくり
10月の研修で作成してみたいとリストに挙がった教材の中から選択し、一緒に作成します
月17日(土)
ビデオ分析
12月に作成した教材で指導しているビデオを分析し、子どもの見方、教材の提示の仕方、どのように使いどのように教えるかなどを検討します

*12月16日(土)の研修は、研修会参加費400円とは別途に教材作成の材料費を実費集めさせていただきます。
また、材料の準備のため、事前の参加申し込みをよろしくお願いいたします。

*ご参加の方は、メールをいただけると準備の都合上助かります。
また、迷惑メールに紛れないようにするために、件名の最後に「(臨床研)」と入力をお願いします。

≪連絡先≫


山口特別支援教育 臨床研究会(通称:臨床研)についてお知らせです。
今年度の年間計画と、6月の第1回の詳細が決定いたしました。

臨床研は、特別支援教育に関心、興味のある方なら職種を問わず、どなたでも参加できる会です。
様々な立場の方々と一緒に研修会を行っています。特に入会の手続き等は必要ありません。参加された方皆さんが会員です。

今年度のテーマ:「子どもを見よう」(ビデオ分析)
 指導は、実態把握から始まります。今年度は、ビデオ分析の研修によって実態把握の仕方を学び、実態把握からの指導の計画、そして教材づくり、教材を使って指導し、ビデオ分析で指導を振り返るという一連の流れで研修を進めて行こうと考えています。

今年度の活動計画(一部変更になる場合があります)

月17日(土)
2人の子どものビデオ分析
見方や視点のもち方の研修と課題抽出をします
月21日(土)
教材検討
6月の研修から活用できる教材を持ち寄り、指導、関わり方、教材について検討します
月16日(土)
教材づくり
10月の研修で作成してみたいとリストに挙がった教材の中から選択し、一緒に作成します
月17日(土)
ビデオ分析
12月に作成した教材で指導しているビデオを分析し、子どもの見方、教材の提示の仕方、どのように使いどのように教えるかなどを検討します

*12月16日(土)の研修は、研修会参加費400円とは別途に教材作成の材料費を実費集めさせていただきます。
また、材料の準備のため、事前の参加申し込みをよろしくお願いいたします。


お電話でのお問い合せはこちら(受付時間 10:00〜17:00)

電話番号:0835-25-8808