テーマ


「国語の学習」
~聞く・話す 思いをうまく伝えたい~

内容

  1. 「ことばの発達」講義の実際
  2. 「特殊音節の指導」演習
  3. 「時系列配列」講義と実際
  4. 「まとめることができるために」講義と演習1
  5. 「まとめることができるために」講義と演習2
  6. アンケート・事例「メモをとる」「内容を伝える」

受講後の感想

◎当センターにご理解いただき、掲載の許可をいただきました参加者の皆様の感想を掲載させていただいております。


  • 毎回具体的で詳しい説明でとても役立ちます。モチベーションも上がります。
  • 多くの指導の手がかりをいただけました。試してみたいことがたくさんあり、楽しみです。( U様)
  • 教える事の難しさ、それだけ子どもが困っているんだという事を感じた。
  • 内容が充実していて、さらに同じグループの方からも学ばせて頂けたので、よかった。グループワークでも様々な見方、考え方を知ることができた。(所属:小学校 伊藤淳美様)
  • 大変勉強になりました。段階作りの考え方、スモールステップ、失敗させない指導方法。大変も面白かったです。参加型で頭に残ります。ビデオもたくさんあり良かったです。(所属:こども支援センター 櫻井理恵様)
  • 今回も新しい知識や考え方を教えて頂きました。参加を重ねるごとに体にしみつく面もあります。(所属:小学校 齋藤俊二様)
  • 拗音・促音の指導教材が講座についていたのでは、びっくりとした半面とてもありがたかったです。いつも思いますが、細やかなステップに分けてのお姿には勉強になります。メモの取り方、通常学級にいる子どもにも必要だと思います。通級でも取り入れてみようと思います。
  • 改めて、1つのことを学ぶのにスモールステップで丁寧に学習を積んでいくことの大切さを実感しました。このあたり(生徒が分かっていそうなので・・・)はぶいてやってしまおうかと学習でやってしまう場面があり、大いに反省です。(所属:養護学校 高橋千鶴子様)
  • 専門性が高く、かつ具体性に富んだ様々な指導方法やコツを多く学ぶことができた。学校における普段の教育活動に自分なりに活かしていきたいと思う。(所属:支援学校 上野将太郎様)
  • メモの取り方の学習は高等部の生徒たちが就労にむけて必須なものだと思いました。今回、副担任の先生と一緒に参加できたので、二人で協力してクラスでまず実践してみたいと思います。(所属:支援学校 岡田安恵様)
  • 指導のヒント、指導の原則が分かった。早速、明日から出来そうなことをやってみたい。
  • まだ息子は今回のセミナーで勉強したことを活かす前の段階ですが、色々と目かウロコの2日間でした。(N様)
  • 指導の前のポインティング、提示の仕方等の子ども目線の内容がよくわかり、これからの指導の場に活かせます。(所属:支援学校 中田直宏様)

シェアする